ホーム > 富山湾旬ブログ > ご主人と奥さんの人柄に魅せられて 『石松寿司』さん

富山湾旬ブログ

ご主人と奥さんの人柄に魅せられて 『石松寿司』さん

2015.03.30

 これまでの取材同様に、ご主人が職人を目指したきっかけやこれまでの経歴を聞いていこうとするが、一向にまともな答えが返ってこない(笑)。

 「東京で修業しただけでいいですよ、すんません」と笑うのは『石松寿司』のご主人、久々江良行さん(68)だ。

 「鮨屋いいなと思って。そんなん聞かれたら嫌になってくる」とまた笑う。念のためお伝えしておくと、取材を拒まれて嫌な空気になっているのではなく、「いっちゃ、そんなこと書かんでも。わっはっは」といった感じの雰囲気。

 久々江さんは、とても気さくでとっても感じの良い方なのである。そして奥さんのことが大好きなのである。

 

IMG_0332.JPG

 

 撮影用に、アンコウを手に持ってもらうことになった。久々江さんはその際、奥さんに「ちょっ、ちょっ、ミキ、ミキ。こんでいかったけ?左手で口の方、持っとったっけ?」と聞いている。どうやら以前、別の雑誌で撮影した時のポーズを思い出そうとしているようだ。奥さんの美紀子さんは、「そんなんどっちでもいいねか。ちゃんと見えとれば」と、困った様子で笑う。何とか撮影を終えると、次は外観を撮らせてもらう。休憩時間だったので、暖簾をまたかけてもらうことになったのだが、この時もご主人が自ら暖簾を持って既に動いているのに「ちょっ、ちょっ、ミキ、ミキ」と声を掛ける。あまりにも愛おしい関係に見えてきたので、この一連の声掛けについて思い切って聞いてみた。すると返ってきた言葉は、「愛しとっからね。わっはっはっ」。しかし間髪入れずに美紀子さんが「何でもさせるの」と顔をしかめるふり。

 

IMG_0334.JPG

 

 毎年、九州から飛行機に乗って『石松寿司』のお鮨を食べに来るお客さんがいるという。その方は、富山にいた学生時代からの常連さんだそうで、今はお医者さんとのこと。もう50才を過ぎているというが、独身時代を経て、結婚して奥さんと、そして子どもも連れて、毎年毎年、顔を出してくれるのだ。鮨を食べてトンボ返りすることだってあったそうだ。「何十万円をかけて、うちの鮨を食べにきてくれる」と目を丸くしながら2人とも恐縮する。

 

 その話を聞いて思ったことはとてもシンプル。久々江さんの握るお鮨はもちろん、久々江さんと美紀子さんに会いにきているんだなぁ。この場所が好きで好きでたまらないんだろうなぁ。

 

 北陸新幹線の開業に伴い各方面で、いかに富山の良さを発信し、魅力を伝えるか、足を運んでもらえるか、もう一度来てもらえるか、ということで話題は持ちきりだが、やっぱり最後は人なんだろうなぁと改めて実感した瞬間でした。

アーカイブ